ブレイクタイム

プロフィール

ガレージブリット

Author:ガレージブリット
リペアガレージブリットのブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アルミホイールリペア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アウディTT RSホイールリペア

今回は特殊なホイールリペアの紹介です。
初めて見るアウディTTのホイールです。この形状のホイールはダイヤモンドカットされ、
マットクリアー仕上げがありますが、黒&レッドの塗装で反艶消しクリアー塗装となっています。

19インチでガリキズが所々にあります。
audittrabefore

リペア後です。
audittrsafter

レッドの色合わせに苦労しました無事完了です。
違和感なく仕上がりました。

ホイールリペアは是非当店にご用命ください。

東京都府中市小柳町5-8-180
リペアガレージブリット
☎090-6174-7608
e-mail:info@bullitt.tokyo

スポンサーサイト

日産エクストレイル ジート破れリペア

今日は、中古車最大手買取店様からのご依頼で出張作業しました。
対象物は、日産エクストレイルの運転席撥水加工のシート破れです。
経年劣化で生地が痛み、所々穴が開いています。

エクストレイル施工前

アップ画像です。
エクストレイル施工前アップ

8か所の穴を塞いで、塗装仕上げです。
約2時間の作業でした。見た目分らない程度の仕上がりとなりました。

エクストレイル施工後
買取店様からは、「いい感じ」とのコメントで一発OKでした。

インテリアリペアは、ぜひ当店にご用命ください。

リペアガレージブリット
東京都府中市小柳町5-8-180
☎090-6174-7608
e-mail:info@bullitt.tokyo





サバンナRX-7(SA22C)ダッシュボードリペア

今回は、30年以上前の旧車のダッシュボードリペアの紹介です。
若かりし頃憧れたマツダサバンナRX-7の初期型に今頃触れられるとは・・・
RX-7

マツダディーラー様からのご依頼で、ダッシュボードの割れの修理をご依頼いただきました。
今まで割れなかったのが奇跡と言ってもいいのではないでしょうか。


こんな感じでフロントウインドウの奥から手前まで約15cmくらい割れていました。
RX-7dashibefore

リペア後の写真です。
充填剤を補充し、塗装仕上げです。
割れた部分が反り返っていましたが、平らな面を作って違和感ない仕上がりとなりました。
RX-7dasuafter

お車のインテリアリペアは是非リペアガレージブリットにご用命ください。
〒183-0013東京都府中市小柳町5-8-180
☎090-6174-7608
e-mail:info.bullitt.tokyo
URL:bullitt.tokyo




ポルシェカレラ4ホイールリペア

今回は、ホイールリペアの紹介です。

個人ユーザー様からのご依頼です。
ヤクオクで購入されたお品うち1本にガリキズがあったための修理依頼です。

トータルリペアのホームページには、「原則2本から修理を承ります」との記載が
ありますが、当店は1本からでも承ります。

修理前の画像がこちらです。
左画像は下に10cm程のガリキズがあります。右画像はリム内側にガリキズがあります。
カレラ4 前1  カレラ4 前2


リペア後の画像です。
カレラ4 後1  IMG_5019_convert_20180305135733.jpg

綺麗に直りました。ご依頼主様からも非常に喜ばれ、納品時にはコーヒーをご馳走になりました。
小金井市のS様この度はありがとうございました。

アルミホイールリペアのご用命は是非当店にお任せください。

リペアガレージブリット
〒183-0013東京都府中市小柳町5-8-180
☎090-6174-7608
e-mail:info@bullitt.tokyo


トヨタアベンシスダッシュボードマット製作

今回は、初めての作業となるダッシュボードマットの製作です。
中古車販売店様からのご依頼です。通常はお断りする作業かもしれませんが、いつもご愛顧
いただいているお取引先様ですのでチャレンジしました。

平成20年式のトヨタアベンシスのダッシュボードが経年変化によりベタツキが発生しています。
この年代のトヨタは、クラウンやハリヤー、ランクルなどベタツキが発生しやすいですね。

当店では、ベタツキ防止剤を塗布してリペアすることが多いのですが、触るとグニャグニャして
いる末期状態で再発の恐れがあり、マットを乗せることで対応します。

ダッシュボードマット製作の専門店にオーダーを試みましたが、問い合わせフォームに入力して
も返答がなかったり、アベンシスは出来ませんとの回答でした。

そこで、自作することにしました。

エアバックのない旧車ですと、フロアーマットのような重い絨毯を乗せている例が見受けられま
すが、万が一の事故の場合、エアバックが正常作動しない恐れがありますので、軽いファブリッ
ク生地での製作です。

型紙を取るのに一苦労です。新聞紙で取ると、メーター周りのカーブがきつく浮いてしまい上手
く取れません。ある程度カーブに馴染む布で型取りしました。

次はマットの材質を考えます。ダッシュボードは直射日光に当たりますので、日焼けによる色抜
けを防ぐ必要があります。また反射を防ぐ必要もあります。

今回は、合成皮革キルト地を使用しました。この生地も、ネットで探すのですがなかなか見つか
らず苦労しました。

型取りから、生地のカット、切り口をバイアステープで縁取りと、かなり時間がかかりましたが、
何とか完成となりました。

完成した画像です。
アベンシス3

アベンシス2

アベンシス1

いかがでしょう?自画自賛ですが何とか様になりました。

ダッシュボードのひび割れや、ベタツキにお悩みの方がいらっしゃいましたらご相談ください。
作り方の伝授や、制作を請け負います。

インテリアリペアの是非当店にご用命ください。

リペアガレージブリット
〒183-0013東京都府中市小柳町5-8-180
☎090-6174-7608
e-mail:info@bullitt.tokyo




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。