ブレイクタイム

プロフィール

ガレージブリット

Author:ガレージブリット
リペアガレージブリットのブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アルミホイールリペア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


家具修理

今回は、家具修理のご紹介です。
東京国税局へ出張作業でお邪魔しました。3回目のリピート作業です。

東京国税局が管轄する各税務署に設置されている事務用回転イスで壊れたもの、汚れたものが
集まってきます。
画像のように、肘部分に塗装の浮きが生じたのもが10脚あり、これを修理します。

IMG_4412_convert_20170416142331.jpg
かなり傷んでいますね。

IMG_4410_convert_20170416142433.jpg
10脚を座面が汚れないように養生しています。

IMG_4415_convert_20170416142539.jpg
古い塗装を除去して塗装します。

IMG_4416_convert_20170416142614.jpg
単品でもう一枚。

先方の担当の方も、「新品みたいだね。これほど綺麗になるとは予想していませんでした。」とお褒めのお言葉を
いただいて終了です。所要時間は6時間でした。

家具の修理も当店にご用命ください。
お見積もり無料、全国各地に出張いたします。
リペアガレージブリット
〒183-0013東京都府中市小柳町5-8-180
TEL090-6174-7608
e-mail:bullitt.aaa@gmail.com

スポンサーサイト

オフィスチェアリペア

今回は、ある企業様の役員室で使用中のビジネスチェアのリペアのご案内です。
リペア前はこんな感じです。
チェア全体像
黄色の部分に擦れや変色が見られます。
チェア肘アップ
劣化による穴が開いています。

約2時間の施工でこの様になりました。
チェア全体像修正後

チェア肘アップ修正後

劣化穴は特殊なパテで埋めて、塗料を元色に調色してスプレーガンで吹き付けます。
「捨てない」「取り替えない」「壊さない」のエコ精神で見事に復活しましたね。
都内近郊であれば、どこでも出張作業を承ります。
オフィスでもご家庭でも、「直せたらいいな!」と思われる家具がありましたらご相談ください。

リペアガレージブリット
東京都府中市小柳町5-8-180
☎090-6174-7608
e-mail:bullitt.aaa@gmai.com


応接本革ソファカラーチェンジ

今日は、本革の二人掛けソファのカラーチェンジの紹介です。
以前お車のホイールリペアのオーダーをされた方から、「家具の補修も出来るの?」とのお問い合わせをいただきリピートオーダーとなりました。
かなり大きいソファで全体のカラーチェンジとなると、1日での出張施工は難しいと判断し、中央区日本橋にあるマンションまで、引き取りに伺いました。
元色は、ホワイトですが結構な汚れや傷みがありました。部屋の模様替えを行うので、カーテンの色に合わせてイタリアンブラウンに塗り替えてほしいとのご要望です。カラー見本でイメージカラーを決めていただきます。

施工前の写真です。
星ソファ施工前

星ソファ施工前アップ

ひじ掛け、座面に擦れによる痛み、皺に入り込んだ汚れが目立っていましたが、革自体には潤いがありリペアすれば、まだまだ十分に使用可能な状態です。
深く癖がついてしまった革を伸ばすことは出来ませんが、小さな皺は出来る限り伸ばしてカラーチェンジを行いました。生まれ変わった完成品はこちらです。

星ソファ施工後

背面、側面、足元とすべてを塗装しなければなりませんでしたので、丸1日掛かりの仕事となりました。
引き取り、納品まで3日間での完成です。お客様は、仕上がりもさることながら、スピードに驚いていらっしゃいました。「新しい家具を買い換える必要がなかったわ」とお喜びいただきました。

家具の補修も行っています。ご興味ある方は、ぜひご気軽にお問い合わせください。

リペアガレージブリット
東京都府中市小柳町5-8-180
☎090-6174-7608
e:mail:bullitt.aaa@gmail.com




応接ソファリペア

今日は、革張りソファのリペアの紹介です。
ある企業様からのご依頼で、港区青山まで出張作業をしてきました。
長年、社長室で使われている応接セットソファのひじ掛け部分の先端に革の捲れがあります。
対面にお座りいただくお客様からは丸見えで、指摘されることもあったようです。
修理の対象物はこれです。
ノマ電気施工前

拡大写真です。
ノマ電気施工前拡大


爪で引っ掻いてしまうのか、両方ともに革の破れが発生しています。結構なダメージです。
既に何回かリペアをされているもので、綺麗に直るなら買い換えずに永く使いたいとのご希望です。

破れを塞ぎ、ひび割れ部分は充填剤で形を作っていきます。その後オリジナルに近い色を調色して塗装で仕上げます。

完成品がこちらです。
ノマ電気施工後
ノマ電気施工後拡大

如何でしょう。ほぼ元通りになりましたね。お客様からも一発OKで、仕上りに感心されていました。

今日も「捨てない」「取り替えない」「壊さない」のエコビジネスを実践中です。

遠方でも出張作業を承ります。お気軽にお問い合わせください。

リペアガレージブリット
東京都府中市小柳町5-8-180
☎090-6174-7608
e-mail:bullitt.aaa@gmail.com


ル・コルビジェスリングチェアリペア

今日は、久しぶりに家具のリペアの紹介です。
とある大手企業様の玄関受付に設置されている「ル・コルビジェ」のスリングチェアと、会議室用のチェアのリペアを承りました。
「ル・コルビジェ」のチェアは、最近はリプロダクト製品が登場し、中国製の安い商品が出回っていますが、今回の対象物は1脚30万円超のお品だそうです。長い使用期間のなかで、座面、背もたれ、ひじ掛けの部分が汚れやひっかき傷で痛んでいます。

全体像と座面のアップ画像を掲載します。
ルコルビジェ施工前 ルコルビジェ座面施工前

深い皺に、汚れが入り込んでいて玄関受付に置いておくにはちょっとという感じですね。
これをクリーニングして、ひっかき傷を修正し、革専用の塗料を吹き付けますとご覧のような仕上がりになりました。
ルコルビジェ施工後 ルコルビジェ座面施工後

まるで新品の様ですね。購入価格の1/10以下の価格で、近代建築の巨匠「ル・コルビジェ」の名品が蘇りました。

お次は、会議室用の回転イスです。
施工前                     施工後
会議室用施工前 会議室用施工後

これも革の座面が深くひび割れており、革がささくれ立っていましたが、見事に復活しました。
今回、サンプルとして施工をしましたが、仕上がりに非常に満足していただき、残り18脚の受注することが出来ました。

企業やホテル・会館、ご家庭で使用されている革製品もリペアでこんなに綺麗に蘇ります。廃棄処分費、新規購入費用の節約をお考えでしたら是非一度ご検討下さい。
もちろん出張施工での対応が可能です。

リペアガレージブリット
東京都府中市小柳町5-8-180
☎090-6174-7608
e-mail:bullitt.aaa@gmail.com





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。