ブレイクタイム

プロフィール

ガレージブリット

Author:ガレージブリット
リペアガレージブリットのブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アルミホイールリペア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アルミホイールカラーチェンジ

今日は、カラーチェンジのご依頼をいただき施工しました。
トヨタ純正のシルバー塗装ホイールを、車体のブラックに合わせたいとのご注文です。
ブラックも艶あり、半艶消し、艶消しとありますが、中間を取って半艶消しをご希望されました。
表面のみ塗装でも構いませんが、スポークタイプのホイールですので、スポークの隙間から元色のシルバーが見えてしまうので、裏面も塗装します。
早速ホイールの洗浄です。裏面も塗りますので、貼ってあるバランスウエイトを剥がしたり、突き刺さったブレーキダストを取り除きます。仕上がりの出来を左右するのは8割は下地作りが重要と考えています。このほか、お約束のガリキズもありましたので、これも修正です。塗料の密着性を高めるために、全体に足付を行います。
この作業に時間が掛かります。

塗装前と塗装の写真をご覧ください。

カラーチェンジ前

カラーチェンジ後

画像の下側にあるガリキズも綺麗に直りましたね。
お車に装着後が楽しみです。足元が引き締まってイメージチェンジの効果は「大」となりそうですね。

この様なカラーチェンジも承ります。ブラック以外のご希望のカラーでもお受けします。

アルミホイールのリペアは是非当店にご用命下さい。

リペアガレージブリット
東京都府中市小柳町5-8-180
☎090-6174-7608
e-mail:bullitt.aaa@gmail.com

スポンサーサイト

マセラッティ・グラントゥーリズモホイールリペア

今日は梅雨の谷間の晴天で非常に蒸し暑い一日でした。こんな日にマセラッティがやってきました。
過去にフェラーリとランボルギーニはインテリリペアで扱ったことがありましたが、マセラッティは初めてです。フェラーリ社製4.2ℓV8エンジンを積んでいて、非常に官能的なサウンドを響かせながらのご来店です。ホイールも特殊なカラーで、カーキがかったシルバーグレーの艶消し塗装となっています。
キズはほんの僅かなかすり傷ですが、20cm強に渡ってのガリキズです。キズの修正より、色の調色に苦労します。塗料を混ぜ合わせながら、何度も色合わせを行います。

まずはお車の外観写真をご覧ください。ボディラインはダイナミックな曲線で構成され、さずがはインタリアンエキゾチックカーの佇まいです。
マセラッティ

次はキズの具合です。ほんの僅かなスリキズですが、欠けもあります。
マセ施工前

リペア後、お車に装着しての写真です。
マセ施工後

仕上りにはオーナー様もご満足いただき、お土産まで頂戴してしまいました。この度はF様本当にありがとうございました。再来店なさらないよう大事にお乗りください。

アルミホイールのリペアは是非当店にご用命下さい。

リペアガレージブリット
東京都府中市小柳町5-8-180
☎090-6174-7608
e-mail:bullitt.aaa@gmail.com


チェロキーダッシュボードリペア

クライスラージープチェロキーのダッシュボードリペアの紹介です。
オーナー様が中古で購入しましたが、購入時にすでにダッシュボードに穴が開いていました。
たぶんレーダー探知機を両面テープで設置していたものを、力任せに剥がしたところ表皮まで剥がれてしまった穴です。これ以外にも、長年の両面テープで覆われていた部分が、日焼けせずに斑になってしまった箇所があります。

表皮が破れている以外にも、糊残りがべっとりとあります。
チェロキー施工前

丸く色が変色しています。
チェロキー中央施工前

これをクリーニングして、穴を塞いで塗装をすると・・・・

チェロキー施工後
チェロキー中央施工後

見事に穴や変色があったことが分からなくなりましたね。
中古車を買う時に、このようなキズがあると購入を躊躇うことがあると思いますが、リペアで新品同様に直すことが可能です。
お車のインテリアでリペアをお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

リペアガレージブリット
東京都府中市小柳町5-8-180
☎090-6174-7608
e-mail:bullitt.aaa@gmail.com

シトロエンDS3レーシングホイールリペア

今回は大変珍しいお車のホイールリペアの紹介です。
2012年に世界で1,000台の限定生産され、日本への割り当ては35台という大変貴重なモデルです。
WRCでセバスチャン・ローブが乗って大活躍をした名車です。
実は当店で扱うのは2回目です。並行輸入車も含めて日本に100台もないと思われる車に2回も巡り合えるとは、なんという偶然でしょう。
当店で最初に扱ったのは、正規代理店が販売した右ハンドルでしたが、今回は、並行輸入で入ってきた左ハンドルのドイツ仕様の個体です。
外観はフェンダーアーチがカーボン化され、ど派手なステッカーでチューニングされています。

DS3レーシング

アルミホイールも当然、特別仕様となっており、ブロンズがかったガンメタリックの艶消し塗装となっております。キズを付けると、限定車のため新品の入手も困難です。
下記の写真の様にスポーク部分に僅か1cmくらいですがひっかきキズが出来ています。

DS3レーシング施工前

これを下地整形し、調色した塗料で塗装するとご覧のようになりました。

DS3レーシング施工後

仕上り後、オーナー様に確認を頂いたところ、「どこにキズがあったんだっけ」と全く判らない様子で、他にもリペアをお願いしたいホイールがあるので、次回もお願いするよと嬉しいお言葉を頂戴しました。

特殊なカラーも承ります。希少なホイールのリペアをお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

リペアガレージブリット
東京都府中市小柳町5-8-180
☎090-6174-7608
e-mail:bullitt.aaa@gmail.com


ブラックポリッシュアルミホイールリペア

最近流行のアルミホイールで、表面がポリッシュ加工され、スポークの内側が塗装されているタイプです。
従来は、当店では施工できなかったホイールですが、ポリッシュ風の塗料が開発されたおかげで、施工可能となりました。開発されたおかげで、このタイプのホイールばかり施工依頼が入ってきます。ただし、塗り分けられているおかげで、マスキングの手間が大幅に増えて施工時間も掛かります。
今日も、ステップワゴンにお乗りのお客様からのご依頼で施工しました。
ポリッシュはヘアライン(ダイヤモンドカット)加工をすることで、虹色にアルミが輝きます。オリジナルのヘアライン加工は再現できませんが、キズが目立たないように塗装で修復を図ります。
お客様にも、ご理解いただいた上での施工となります。

施工例をご覧ください。

施工前 リム部分に30CMほどのガリキズがありました。
ブラックポリッシュ施工前

施工後はこのようになりました。
ブラックポリッシュ施工後

お客様からも、「全然判らない出来栄えだね」とご満足の言葉を頂戴しました。

いままでポリッシュホイールのリペアを頼んでも断られたお客様もたくさんいらっしゃると思います。
写真の様な仕上がり具合でご満足されるようでしたら、ぜひご検討下さい。

アルミホイールのリペアは是非当店にご用命下さい。

リペアガレージブリット
東京都府中市小柳町5-8-180
☎090-6174-7608
e-mail:bullitt.aaa@gmail.com




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。