ブレイクタイム

プロフィール

ガレージブリット

Author:ガレージブリット
リペアガレージブリットのブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アルミホイールリペア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Audi A4 Avant天井張替

今回は、初めてご紹介する天井内貼りの張替です。
中古車ディーラー様から、Audi A4 Avantの天井生地の垂れ下がりのリペアのご依頼です。
当店では初めての施工ですので、同業者の方に指導並びにお手伝いをいただき施工となりました。
いままでも、欧州車のオーナー様から数回天井の張替のお問い合わせをいただいておりました。新しいメニューの開発にと挑戦です。
ジャガー、ワーゲン、ボルボ、アウディ等、本国での使用では天井生地の垂れさがりは発生しないようですが、日本での使用では、湿気の影響で接着剤が劣化し、垂れ下がりの発生が数多く見受けられます。

まずは、垂れ下がりの状況をご覧ください。

リアゲートからの画像です。
Audi施工前
サンルーフ部分も落ちています。
audiサンルーフ施工前
ライナーを車より取り外しました。垂れ垂れです。
Audi取り外し施工前

先ずは、天井のライナーの取り外しです。Aピラー、Bピラー、Cピラーと内貼りを外していきます。その他、サンバイザーやルームライトいろいろ外すものがあります。
セダンですとライナーを社外に取り出す際に、リアガラスの脱着が必用になりますが、ワゴンタイプのアバントですと大開放のリアゲートがありますので、ライナーの取り外しはセダンに比べれば楽です。
しかし、この車はサンルーフが付いていますので、サンルーフの分解が必用です。これに時間を取られました。
ライナーから、古い生地を剥ぎ取り、古い接着剤を除去して新しい生地を張っていきます。

張替が完了し、お車に装着しました。

リアゲートからの画像です。
Audi施工後
サンルーフ部分です
audiサンルーフ施工後

真新しい生地で、とても10年落ちの車とは思えない内装のレストアとなりました。
このほか、画像で紹介できませんが、スカッププレートのヒールキックでキズ付いた部分も、塗装して綺麗に仕上げています。
お車の価値が上がり、高値で販売することができると、ディーラー様からお喜びの声を頂きました。

天井の張替も承ります。お気軽にご相談ください。

リペアガレージブリット
東京都府中市小柳町5-8-180
☎090-6174-7608
e-mail:bullitt.aaa@gmail.com

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。