FC2ブログ
ブレイクタイム

プロフィール

ガレージブリット

Author:ガレージブリット
リペアガレージブリットのブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アルミホイールリペア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フロアーカーペットのリペア

ナイトロカーペット施工前
ナイトロカーペット施工前
今日は、ダッジナイトロのドライバーズシートの床面のカーペットのリペアを施工しました。
タフでパワフルなイメージのナイトロですが、カーペットは一般的なものが貼られていますので、
使用頻度において摩耗してしまうのは仕方ないですね。
ディーラーの方曰く、オーナーが女性だったのか、本来足を乗せるところでない場所にヒールの
かかとをよく乗せていたようで、カーペットが貫通してしまうほどの大きな穴が開いてしまった
とのこと。
通常は、カーペットの上にフロアーカーペットが敷かれ損傷を防ぐはずですが、構造上フロアー
カーペットで隠れない場所でした。
施工前は、こんな大きな穴を隠せるのか、ある程度の補強をしないと、施工後も同じ症状が出る
のではないかと思いを巡らせ、施工方法を悩みました。
カーペットを貫通しているのみならず、その下のクッション材まで貫通しています。
リペア後の風合いも、オリジナルに近づけなければなりません。カーペットのフワフワ感を再現
するには、陥没している穴を底上げするまでの充填剤は何が最適か、補強する材料はなにが最適
か、イメージを膨らませながら考え抜きました。
なにを充填したかは秘密ですが、ほぼイメージ通りの仕上がりになりました。クッション性や、
カーペットの毛羽立ちも再現でしたと思います。
毎回同じですが、施工前と施工後の写真を掲載します。
施工前                   施工後
ナイトロカーペット施工前        ナイトロカーペット施工後
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://garagebullitt.blog.fc2.com/tb.php/5-85e9b93e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。