ブレイクタイム

プロフィール

ガレージブリット

Author:ガレージブリット
リペアガレージブリットのブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アルミホイールリペア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジャガーXJSインテリアリペア

ジャガーXJSの個人オーナー様からのご依頼でインテリア全般のリフレシュを行いました。

このお客様は、過去にもプジョー、ポルシェ、アルファロメオでインテリアやホイールのリペアでご注文
いただきました。
会社のオーナー様でもあり、事務所の家具の修理も承ったことがある上得意様であります。

製造中止から20年以上経過したお車ですので、機関、内装とも傷んでいるかと思いましたが、12気筒
エンジンにはまったく問題がないとのことです。掛かりつけのジャガー専門の整備工場があるそうです。

内装は、ステアリング、本革シート、内張の至る所にヒビやスレ、変色が見られます。

ステリングには破れ穴があります。
XJSステアリング前

運転席シートはヒビやスレがあります。
XJSシート前

ステアリングのリペア後です。
XJSステアリング後

シートのリペア後です。
XJSシート後

見事に復活しましたね。写真の掲載量に制限があるため、他の写真がご案内できませんが、この他、
助手席、リアシート、内張、ドアトリムもリペア致しました。

貴重なお車ですので、施工にも最新の注意を払いました結果、オーナー様からもご満足のお声を
頂戴しました。

インテリアリペアは是非当店にご用命ください。

リペアガレージブリット
東京都府中市小柳町5-8-180
☎090-6174-7608
e-mail:bullitt.aaa@gmail.com


内装べたつき除去

今回は、ダッシュボードのべたつき除去のご案内です。

フェラーリやアルファロメオ、ワーゲン等欧州車によく見られる現象ですが、国産車にも発生します。
トヨタのクラウン、アルテッツァ、ハリヤーにも同じ症状がでますが、今回はアベンシスの施工です。

大手中古車買い取り店様からのご依頼です。

現車確認をすると、ダッシュボード全面がべたついており、触ると指紋が着くような状態です。
タオルや紙ペーパーでクリーニングすると繊維が付着して余計汚くなるような代物です。

数か所に渡りひび割れも発生しています。

まずは、水性洗剤でクリーニングです。
クリーニング後、べたつきを抑える塗料を全面塗装して、べたつきをシールします。

この後、オリジナル色に調色した塗料で塗装します。

簡単に書いていますが、余計な塗料で周辺を汚さないようにするため、作業前の養生に時間が掛かります。
ひび割れも修正し、無事に仕上がりました。

ベタベタがサラサラに変わりました。依頼主様からも「完璧」とお言葉いただいて終了です。

施工後の写真です。
アベンシス

インテリアリペアは是非当店にご用命ください。

リペアガレージブリット
東京都府中市小柳町5-8-180
☎090-6174-7608
e-mail:bullitt.aaa@gmail.com


家具修理

今回は、家具修理のご紹介です。
東京国税局へ出張作業でお邪魔しました。3回目のリピート作業です。

東京国税局が管轄する各税務署に設置されている事務用回転イスで壊れたもの、汚れたものが
集まってきます。
画像のように、肘部分に塗装の浮きが生じたのもが10脚あり、これを修理します。

IMG_4412_convert_20170416142331.jpg
かなり傷んでいますね。

IMG_4410_convert_20170416142433.jpg
10脚を座面が汚れないように養生しています。

IMG_4415_convert_20170416142539.jpg
古い塗装を除去して塗装します。

IMG_4416_convert_20170416142614.jpg
単品でもう一枚。

先方の担当の方も、「新品みたいだね。これほど綺麗になるとは予想していませんでした。」とお褒めのお言葉を
いただいて終了です。所要時間は6時間でした。

家具の修理も当店にご用命ください。
お見積もり無料、全国各地に出張いたします。
リペアガレージブリット
〒183-0013東京都府中市小柳町5-8-180
TEL090-6174-7608
e-mail:bullitt.aaa@gmail.com


アルファロメオ147ドアトリム布生地垂れ下がりリペア

今回は欧州車によく発生するドアトリムの布地生地の垂れ下がりリペアの紹介です。
布地とパネルの間のスポンジが劣化してしまい剥がれることがよくあります。
リピーターである個人オーナー様からご注文いただきました。

写真の様にフロノントドア左右ともに剥がれ落ちています。
せっかくのアルファの気持ちのいい走りも、これでは、ドライビングに支障を来し、楽しみが半減してしまう
ことでしょう。

147右ドア修理前

147左ドア修理前

オリジナルの生地は再利用できませんので、新品生地を使っての張替です。
ついでに、ドアハンドルも塗装が溶けてベトベトの状態でしたので、劣化塗装を剥がして再塗装しました。

新車の様に蘇りました。これで、またドライビングが楽しくなりますね。
147右ドア修理後

147左ドア修理後

オーナー様からも大変喜んでいただきました。次は、別に所有しているジャガーの本革シートのリペアも検討
していただけるとのことです。次回もご注文お待ちしております。

インテリアのリペアをご検討でしたら、お気軽にご相談ください。

リペアガレージブリット
東京都府中市小柳町5-8-180
☎090-6174-7608
e-mail:bullitt.aaa@gmail.com


アルミホイール歪み修正

歪み修正が出来るようになりました。
今回は、33Zの個人オーナー様からのご依頼です。
社外品スピードスター社のホイールをかなりの引っ張り具合でタイヤを組んでいます。
縁石でヒットして歪んでしまったようです。
全体像
33Z施工前全体
歪み部分
33Z施工前部分

これを修正すると
33Z施工後全体

33Z施工後部分

分からなくなりましたね。今回は特殊修正機と削れた部分にアルミ溶接を行いましたので、10日ほどの工期をいただきましたが、
お客様からは、諦めていたホイールが元通りになったと喜んでいただきました。

ホイールリペアは是非当店にご用命ください。

東京都府中市小柳町5-8-180
リペアガレージブリット
☎090-6174-7608
e-mail:bullitt.aaa@gmail.com




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。